子供の口臭は、風邪が引き金となって起きることもあるので、病気も視野にいれましょう。

子供の口臭の原因は虫歯だけではなく病気の可能性もあります。
口臭が強くなる病気について調べてみました。
最近子供の口臭が気になるというママはチェックしてみてくださいね!

 

 

◆鼻炎や鼻づまり

 

口呼吸や口腔内の乾燥は口臭の原因になります。
鼻炎や鼻づまりがあると本来の鼻呼吸ではなく口呼吸にかわってしまい、口臭が強くなることがあります。
鼻炎には急性と慢性、アレルギー性などがありますが口臭予防のためにも早めに受診するようにしましょう。

 

また、鼻炎の治療のために処方される抗ヒスタミン剤には、口腔内が乾く副作用があります。
薬の副作用の可能性もありますので、処方薬を確認しておいてくださいね。

 

 

◆歯周病

 

歯周病とは細菌の感染によって炎症が引き起こされる口腔内の病気です。
歯垢や食べ物のカスが溜まっていると発症しやすく、歯周病になると口臭が強くなります。
腐った玉ねぎやたまごのようなにおいがした場合には歯周病の可能性が疑われます。

 

歯みがきをしていると血が出たり、たびたび歯茎が赤くなって腫れるような場合には歯科を受診しましょう。
虫歯を放置していると歯周病に進行しますので、子供の定期的な歯のケアを忘れずに!

 

 

◆便秘や下痢などの胃腸疾患

 

胃腸は体調不良の影響を受けやすく、風邪や感染症などにかかると機能が低下します。
便秘や下痢をしているときは腸内環境が悪いものです。
腸内環境が悪い時には消化吸収がうまくできないため、食べたものが腸内で腐敗してガスを出し、血液を通して全身に送られます。

 

風邪や感染症などで子供のお腹の調子が悪い時は口臭が強くなります。
胃腸に負担をかけない食べ物をとるようにして十分な休息を取り、必要であれば整腸薬を服用しましょう。

 

 

このほかにも病気によって子供の口臭がきつくなることがあります。
歯科を受診しても口臭が改善しない場合には、なんらかの病気の可能性があります。
子供の口臭が気になるときには全身状態もよく観察するようにしましょう。

関連ページ

口臭は子供の習慣から?生活リズムを正す効果は?
子供の口臭も、生活方法によって変わります。どれだけ悪い生活習慣か把握しましょう。
口臭の原因
口臭の原因といっても実はさまざま。その様々な情報を一つにまとめました。